菅野 萌のボイスメモ

6
ノート

なんとなく思うままに話していたら、この結論にいたりました。でも案外、そうなんじゃないかなと思います。※音声の中で話している「大人の好き」と「子どもの好き」の記事→http://moe-sugano.com/archives/8973

00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(36:17)は購入後に視聴できます。

※高額の価格を設定していますが、これは「月額マガジン読者さん専用の記事」という意味ですので、その点、ご理解よろしくお願いします。(noteの構造上、価格をつけています)

00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(15:58)は購入後に視聴できます。

それぞれの宿の特徴をみていくことで、なぜその関係になるのか、リアルな人間関係を想定してよみといています。

00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(18:52)は購入後に視聴できます。

それぞれの宿の特徴をみていくことで、なぜその関係になるのか、リアルな人間関係を想定してよみといています。

たった一人の人にしぼろうと思える人と出会えたら、自然とそうするはずです。それは独身だろうと既婚者だろうと同じこと。また本当に彼があなたの運命の人だと思うのであれば、もしあなたが既婚者である場合、離婚をするはずです。それができないのであれば、このくらいのしたたかさを持つ必要があるし、それができないのであればヘタに恋愛に手を出すのはやめましょう。あなたの心が病むだけです。(ヘタしたら身体まで)

森くんの「夢をとっちゃったんだよねぇ」ってことばが、いちばん印象的でした。